• Mitsubishi Fuso Truck and Bus Corporation
  • Daimler India Commercial Vehicles
  • Choose Language

電気小型トラック「eCanter」が イケア・ジャパンのサステナブルな輸送で活用

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、スウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長 兼 Chief Sustainability Officer ヘレン・フォン・ライス、以下イケア・ジャパン)の配送向けに2020年内に電気小型トラック「eCanter」を合計3台納車しました。家具メーカーへの「eCanter」の納車は、同社が初となります。3台のうち、2台がイケア・ジャパン保有、1台は同社の配送協力会社であるSGムービング株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:別所規至)の保有となります。

 

イケア・ジャパンは環境の保護・再生によって人、社会、地球にポジティブな影響をもたらすためにサステナビリティを強力に推進し、サステナブルな輸送への第一歩として排ガスの出ないゼロ・エミッションの「eCanter」を導入しました。イケアは、エネルギー関連の温室効果ガス排出量を 2030 年までに80%絶対的削減する目標を掲げるほか、2025年には100%の輸送を電気自動車にする目標を提示しています。その第一歩として、2020年3月に「eCanter」を2台、同12月には安全装備を拡充した改良モデル1台を導入しました。3台のうち1台はIKEA港北とIKEA原宿との店舗間の商品納品業務に利用され、2台はお客様のご自宅向けの商品配送用途で使用されています。

 

「eCanter」は1充電あたり100kmの航続距離を確保し、ディーゼル車と比較して騒音がなく、振動も少ないため、特に都市内輸送に適しています。夜間にも充電できるため、深夜や早朝の配送ニーズにも対応し、作業時間の効率化にもつながります。また、eCanterは急速充電を繰り返すことでさらに長距離の走行も可能です。IKEA港北とIKEA原宿間の配送で利用される「eCanter」は、店舗間の1往復による1日あたりの走行距離は平均で約50kmとなっています。一方で、早朝から稼働して店舗間を2往復するケースでは、1日あたりの走行距離が100km以上に達することもあり、最大限の走行距離で稼働できることが実証されています。

 

MFTBCは商用車メーカーとしてCO2排出削減に向けた取り組みを加速し、2039年までに日本国内へ導入する全ての新型車両を走行時にCO2を排出しないCO2ニュートラル化にするビジョンを掲げています。国内外でのカーボンニュートラル化への動きが急速に進む中で、「eCanter」は商用車のゼロ・エミッション化において大きな役割を担っています。このビジョンの実現に向けて、当社は様々な業種のお客様と一緒にサステナブルな輸送の実現に向けて今後も取り組んで行きます。

 

画像:イケア・ジャパン提供

イケア・ジャパン所有のeCanter

Marina Tokoro,

International Communications, MFTBC,

+81443307787,

Willem Spelten,

Head of Communications, Daimler Trucks Asia,

+81443313662,