• Mitsubishi Fuso Truck and Bus Corporation
  • Daimler India Commercial Vehicles
  • Choose Language

中型トラック「ファイター」新型モデルを発売

・衝突被害軽減ブレーキ「ABA5」を「ファイター」に新規標準搭載し、より高度な安全輸送を実現
・各種法規に対応し、安全をサポート
・新たな外観、コネクティビティ機能と快適な運転であらゆる稼働シーンに対応

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、先進安全装備を強化した中型トラック「ファイター」の新型モデルを発表しました。新型「ファイター」は、全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門にて3月より順次販売を開始します。

新型「ファイター」は衝突被害軽減ブレーキ「アクティブ・ブレーキ・アシスト5(ABA®5)」を新たに全車標準搭載し、さらに進化した先進安全予防システムを実現しました。「ABA5」は前方認識カメラと高精度ミリ波レーダーで前方の交通状況を検知し、走行・静止車両および歩行者などに対して衝突の危険性がある場合にブザーとモニター表示で警報し、さらに必要に応じてブレーキを作動させて衝突回避をサポートします。「ABA5」の搭載によってさらに高精度な検知が可能になり、高速道路走行時に前走車が停止している場合や、移動中の歩行者との衝突回避も新たに可能となりました。運転の注意力低下を監視し警告する「アテンション・アシスト」、車両を安定させ横転を抑制する「ESP®(車両安定性制御装置)」、左折巻き込み事故を抑制する「アクティブ・サイドガード・アシスト」にくわえて「ABA5」を新規搭載することで、一段と高度な安全輸送をサポートします。

新型「ファイター」は各種法規にも対応し、車両およびドライバーの安全もサポートします。「後部突入防止装置(Rear Underrun Protection Device)」および「前部潜り込み防止装置(Front Underrun Protection Device)」を搭載し、車両の突入防止性能を強化します。乗員を守るために備えて衝撃緩和構造を採用したほか、燃料漏れ防止基準に対応させた燃料タンクを装備し、万一の事故時に燃料漏れ防止と車両火災防止を図ります。

新型モデルでは、新たな外観と共に優れた快適性も提供します。新型「ファイター」ではフロントグリル周りをブラックに統一し、新たな外観に進化しました。ファイターは「エコ、プロ、プレミアム」の3つのグレードを展開し、インテリアでは高いホールド性を持ち快適で疲労を軽減する運転席シートや、大型アシストグリップの採用によりドライバーに優しい乗降性も提供しています。また、手元でスイッチを快適に操作できるステアリングスイッチや、Bluetooth®対応でハンズフリー通話なども可能なAM/FMラジオも全車標準搭載し、運転疲労の軽減と共により快適な運転操作を提供しています。

またファイターシリーズは、テレマティクス機能「Truckonnect®(トラックコネクト)」により、車両のみならず輸送サービスの効率性にも貢献します。前モデルよりトラックコネクト用の通信端末を全車標準装備し、稼働中の車両の位置情報、安全スコア、運行稼働率、燃費や遠隔診断を通じた故障の検知などをインターネット経由にてリアルタイムで確認できます。デジタルタコグラフとの連動も可能で、より高精度な運行記録を遠隔でPCからデータ入手でき、トラックの稼働状況の可視化によって輸送サービスの効率性向上もサポートします**。

安全性と快適性ならびに経済性を進化させた「ファイター」シリーズは、4気筒と6気筒のエンジンから選べる充実した車種ラインアップを通じて、あらゆる稼働シーンでのドライバーのニーズに応えます。

*Bluetooth®は、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

*ABA®、Truckonnect®は三菱ふそうトラック・バス株式会社の商標登録です。

* ESP®はDaimler AGの登録商標です。

**デジタルタコグラはGVW11t超車に標準設定、GVW7.5t, 8t車はオプション設定。トラックコネクトと連動出来るのは2019年型と2021年型ファイターに標準装備のデジタルタコグラフのみ。

 

新型「ファイター」(撮影用特別仕様車)

 

■新型「ファイター」の主な特徴:

アクティブ・ブレーキ・アシスト5(ABA®5: Active Brake Assist5) ※新規・標準搭載

 

「アクティブ・ブレーキ・アシスト5(ABA®5)」は、2019年モデルで採用された「AMB plus」をさらに進化させた衝突被害軽減ブレーキです。ABA5は前方認識カメラと高精度ミリ波レーダーを組み合わせた高度な監視により、前走車が停止している場合でもより高い衝突回避能力を実現しました。また歩行者を検知する精度も向上し、より速い速度からでも衝突リスクの軽減が可能になりました。

 

アクティブ・サイドガード・アシスト (ASA: Active Sideguard Assist®)*※オプション設定

左死角に隠れた危険を警告する安全装置です。ドライバーにとって死角となる箇所をレーダーによりモニタリングし注意を促すとともに、左側方向指示器の作動時やステアリング操作時に警報音とランプで警告します。

※「アクティブ・サイドガード・アシスト」はオプション設定となります。

*「Active Sideguard Assist®」は三菱ふそうトラック・バス株式会社の登録商標です。

 

車両安定性制御装置 (ESP®:Electronic Stability Program)* ※標準搭載

車両姿勢を常にセンサーにて感知し、カーブでの横滑り、横転等の危険性が生じた場合、エンジン出力や4輪のブレーキ力を最適に制御し、危険回避をサポートします。

*「車両安定性制御装置(Electronic Stability Program:ESP®」はDaimler AGの登録商標です。

 

アテンション・アシスト ※標準搭載

運転注意力モニターの機能と車線逸脱警報システム(LDWS)を搭載した安全装置です。高速道路等で車両が車線を逸脱した場合のほか、ドライバーの注意力を監視して必要な時に最適な警告を行うことで予防安全性を高めます。

各安全装備は、作動条件があります。また、道路状況および天候状態等によっては作動しない場合があります。

 

Truckonnect®(トラックコネクト)

稼働中のリアルタイムなトラックの情報をお客様のPC端末でチェックできるサービスです。車両の現在位置・稼働経路、そして万が一の車両の故障時などのトラブルを確認できるとともに、ドライバーの安全運転の状況もリアルタイムで把握することが可能となります。また、デジタルタコグラフの基本項目も確認することができ、燃費状況や運行稼働率も含めた業務効率化を図れます。

*要別途トラックコネクトサービスへのお申し込み

*「Truckonnect®」は三菱ふそうトラック・バス株式会社の登録商標です。

 

Willem Spelten,

Head of Communications, Daimler Trucks Asia,

+81443313662,

Marina Tokoro,

International Communications, MFTBC,

+81443307787,