• Mitsubishi Fuso Truck and Bus Corporation
  • Daimler India Commercial Vehicles
  • Choose Language
2021-04-20japan

春日部支店の移転を決定

国道4号線と16号線が交わる首都圏物流の要衝の拠点を移転、お客様の利便性を向上

2021-04-15japan

大型路線バスにおける新型コロナウイルス対策: 雨天時の車内換気を促進するウィンドバイザー装着を推進中

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、大型路線バスにおける新型コロナウイルス対策として開発した「ウィンドバイザー」装着を提案しており、これまでの販売が6,000セット以上に到達したことを発表しました。

2021-04-14international

今日と明日のふそう車を形づくる 「デザイン・エッセンシャルズ」を開催

三菱ふそうトラック・バス株式会社は、現在と未来の社会的ニーズを満たす製品のため、各デザインプロセスを通じた、より明確なアイデンティティとシンプルさ、確かな品質の追求について紹介するイベント「デザイン・エッセンシャルズ」を、2021年4月14日に川崎市の本社で開催しました。製品デザインは、乗用車の生産と販売では認知されていますが、商用車においては、その意義は長く見落とされてきました。

2021-04-14japan

車両用エンジンが国土交通省の河川排水 ポンプ実証試験に採用

国土交通省「マスプロダクツ型*排水ポンプ技術開発」公募事業の実証試験「車両用エンジン」部門に、ふそうブランドの車両用エンジンが採用

2021-03-31japan

小型トラック「キャンター」を改良し発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、2021年施行の各種法規に合わせて小型トラック「キャンター」を改良し、発売します。

2021-03-23international

中型トラック「ファイター」新型モデルを発売

衝突被害軽減ブレーキ「ABA5」を「ファイター」に新規標準搭載し、より高度な安全輸送を実現

2021-03-09japan

「東京湾岸ゼロエミッションイノベーション協議会」に参画

「ゼロエミベイ」の趣旨に賛同し会員として参画

2021-03-08japan

電気小型トラック「eCanter」が イケア・ジャパンのサステナブルな輸送で活用

イケア・ジャパンは環境の保護・再生によって人、社会、地球にポジティブな影響をもたらすためにサステナビリティを強力に推進し、サステナブルな輸送への第一歩として排ガスの出ないゼロ・エミッションの「eCanter」を導入しました。

2021-03-05international

交通のゼロ・エミッション化を推進するニュージーランドで、 市場投入を控えた 電気小型トラック「 eCanter 」が助成対象に選定

ニュージーランドにて、エネルギー効率・保全局の低排出ガス車両競合ファンドの助 成金を受給

2021-03-03international

2020年、海外の主要市場でシェアを拡大 ~インドネシアと台湾でトップシェアを継続~

小型トラックに支えられ、インドネシアと台湾市場でトップシェアを達成

2021-02-25international

社員教育のデジタル化を推進 ~新型コロナウイルス感染症拡大に対応~

新型コロナウイルス感染症拡大に対応し、社員教育のデジタル化を促進

2021-02-19international

電気小型トラック「eCanter」: 納車台数がグローバルで200台に到達

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、量産型電気小型トラック「eCanter」の納車がグローバルで200台以上に到達したことを発表しました。

2021-01-28japan

本部長人事

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック)は、以下の通り本部長人事を決定しました。

2020-12-23international

小型トラック「キャンター」の新型投入でUAEでの販売を強化

UAE市場で初めて欧州排出ガス規制「ユーロV」に準拠する小型トラックを発表

2020-12-07international

「水素バリューチェーン推進協議会」に参画

「水素バリューチェーン推進協議会」の趣旨に賛同し会員として参画

2020-11-24international

国際建機見本市「bauma CHINA」に出展

中国のノンロード規制に準拠する産業エンジンを展示

2020-11-18international

新しいデジタル技術を品質管理プロセスに導入 ~コグニティブ検索採用により品質管理プロセスを図る~

自然言語処理技術と機械学習を活用し、より効率的で正確な品質管理業務を実現

2020-11-13japan

岡崎サービスセンターをリニューアルオープン

東海エリアの主要販売・サービス拠点を大規模リニューアル

2020-11-05international

小型バス「ローザ」新型モデルを海外初導入 ~オーストラリア市場に展開~

フルモデルチェンジで装備、デザイン、燃費経済性が大きく進化

2020-10-19japan

小型トラック「キャンター」新型モデルを発売 世界に先駆けて日本で発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、キャブデザインを一新し、モデルチェンジした小型トラック「キャンター(Canter)」の新型モデルを10月19日に世界に先駆けて国内で発表しました。

2020-10-15international

小型トラック「キャンター」新型モデルを発売 世界に先駆けて日本で発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、キャブデザインを一新し、モデルチェンジした小型トラック「キャンター(Canter)」の新型モデルを10月19日に世界に先駆けて国内で発表しました。新型キャンターは、全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門にて11月より順次販売を開始します。 –

2020-09-21international

初の輸出仕様バスを発売開始

ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社のオラガダム工場で製造する輸出仕様バス「BA」の発売を本格的に開始

2020-08-20japan

先進安全装置を搭載した新型電気小型トラック「eCanter」を発表

新たに各種先進安全装置を標準搭載し、安全性能を強化 より進化した「eCanter」でゼロ・エミッション輸送を加速

2020-07-31japan

創造性をいかに育むか 「Fuso Future Solutions Lab」イベントを開催

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、独自の製品開発プラットフォームを紹介するイベント「Fuso Future Solutions Lab」を7月30日(木)に本社川崎製作所にて開催しました。

2020-06-05japan

新しい生活様式に向けた働き方「モバイル・ワーク」を導入
~柔軟性と自律性をより高めた労働環境を推進~

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、2014 年に当時業界初として導入した「在宅勤務」制度から、新たに内容を拡充し「モバイル・ワーク」制度を6月1日より導入しました。仕事と生活のバランスを更に改善し、コロナ感染のリスクを引き続き最小限に抑えるために柔軟な働き方を推進します。

2020-05-28japan

北米市場の事業形態変更について

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、米国とカナダでの事業状況を再検討した結果、新車販売事業を廃止し、サービスに特化した運営体制に移行します。両国におけるふそうブランドの新車販売は、販売子会社のMitsubishi Fuso Truck of America, Inc.(以下MFTA)が手掛けています。

2020-05-18japan

新型コロナウイルスの世界的大流行と戦うコミュニティーを支援

ハートムット・シック、以下MFTBC)は、新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々、ご遺族の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。また被患されている皆さまに心よりお見舞い申し上げるとともに、感染拡大の影響と戦う方々に心を寄せたいと思います。 –

2020-05-04japan

営業・サービス拠点の営業時間短縮の延長について

この度の新型コロナウィルス感染拡大に伴い、三菱ふそうの地域販売部門である営業・サービス拠点*1の営業時間を従来の8:30-19:00から9:00-17:30へと短縮させて頂いておりますが、政府による緊急事態宣言の延長を受け、期間を5月末までに延長させて頂きます。

2020-05-01japan

当社子会社での新型コロナウィルス感染者発生について

4月30日、当社子会社である三菱ふそうバス製造株式会社(富山県富山市、以下MFBM)に事務職として従事する40代の男性従業員が新型コロナウィルスに感染していることが判明しました。

2020-05-01japan

国内2拠点を大幅改装しリニューアルオープン

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック)は星崎支店(愛知県名古屋市)と北板橋サービスセンター(東京都)を大幅改装し営業を開始しました。

2020-04-21japan

ボルボ・グループとダイムラートラック、燃料電池量産化に向けた合弁事業設立

ダイムラートラックとボルボ・グループは、持続可能な輸送ソリューションに関する構想を共有

2020-04-13japan

全世界のFUSO車両に対する車両保証期間延長について

キューバにおけるふそうトラックの受注としては過去最大

2020-04-01japan

生産工場の稼働状況について

この度の新型コロナウイルス感染拡大による、部品調達への影響により当社一部の工場において生産調整を行います。

2020-03-26japan

2020年代後半までに燃料電池トラックの量産を開始

キューバにおけるふそうトラックの受注としては過去最大

2020-01-28international

「トラックコネクト」、バーラト・ベンツに初搭載

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、ダイムラー・トラック・アジア(DTA)傘下のパートナーであるダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)が、「バーラト・ベンツ」ブランドの新型車両にコネクティビティ機能

2019-12-25international

台湾で2万台の納車を突破

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、現地合弁販売会社であるダイムラー・トラック・アジア台湾(DTAT)を通じて台湾で2万台目となるふそうトラックを納車したことを発表します。

2019-11-28india

郡山支店をリニューアルオープン

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック)は福島県内最大の入庫数を持つ郡山支店を大幅改装し、11月27日(水)より営業を開始しました。

2019-11-25japan

「2019 年度 カスタマーサービスコンテスト」を開催

サービス、部品、新車営業の3 業連携による「ワンチーム」として課題に取り組みお客様 満足度向上を目指す

2019-11-22international

バングラデシュ市場の販売・サービス拠点新設と 新商品投入により事業強化を図る

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、バングラデシュで営業、整備、補用備品業務を備えた 3S(セールス、サービス、スペアパーツ)新施設の開設を発表しました。

2019-11-07japan

苫小牧支店をリニューアルオープン

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は苫小牧支店を大幅改装し、11月7日(木)より営業を開始しました。

2019-03-18japan

国内販売拠点改善を目的とした「ミライ」プロジェクトを開始

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、国内販売拠点改良を目的とした「ミライ」プロジェクトを発足、2019年は最大で50億円の投資を行ないます。 

2019-03-18japan

「Campus+(キャンパスプラス)」プロジェクト完了

「Campus+(キャンパスプラス)」プロジェクト完了

2019-03-05japan

名鉄運輸に電気小型トラック「eCanter」を納入

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、3月5日に名鉄運輸株式会社(本社:愛知県名古屋市東区、代表取締役社長:内田 亙、以下 名鉄運輸)へ電気小型トラック「eCanter」5台を納車したことを発表しました。

2019-02-21japan

大型観光バス「エアロクィーン」「エアロエース」 19年型モデルを発表

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、19年型大型観光バス「エアロクィーン」「エアロエース」を発表しました。4月より全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門から販売します。

2019-02-12japan

エスライングループに電気小型トラック「eCanter」を納入

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、2月9日に株式会社エスラインギフ(本社:岐阜県羽島郡岐南町、代表取締役社長:山口 嘉彦、以下 エスラインギフ)および株式会社エスライン各務原(本社:岐阜県各務原市、代表取締役社長:橋本 公寿、以下 エスライン各務原)へ電気小型トラック「eCanter」5台を納車したことを発表しました。

2019-02-06japan

新たな「トレーニングセンター」を川崎工場に開設

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、 以下 MFTBC)は、商用車業界を未来へと導くというビジョンに沿い、新たに川崎工場敷地内にトレーニングセンターを新設しました。これにより、全国計5カ所のトレーニングセンター網が発足します。

2019-02-04japan

太平興業株式会社、鶴岡支店をリニューアルオープン

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)の特約販売会社である太平興業株式会社(本社:千代田区、代表取締役社長:武藤 幸規、以下 太平興業)は、鶴岡支店をリニューアルし2月12日(火)より新店舗での営業を開始します。

2019-01-15japan

川崎工場にガスエンジンコージェネレーションシステムを導入

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、川崎工場にガスエンジンコージェネレーションシステム*を導入し、運用を開始したことを発表しました。

2018-12-04japan

CACC及びLKA技術を活用した
トラック隊列走行の後続車有人システム実証実験に参加

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、12月4日より新東名高速道路の浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリア間でのトラック隊列走行の後続車有人システム実証実験に参加します。

2018-11-22japan

フィリピンでFUSOの販売代理店契約を双日ふそうフィリピンと締結

フィリピン国内でのFUSOブランドの販売代理店として双日ふそうフィリピンを指定

2018-10-25japan

小型バス「ローザ」2018年モデルを発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、小型バス「ローザ」2018年モデルを全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門から販売します。

2018-09-27japan

大型観光バス「エアロエース」エレベーター付きバスを発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は今秋より大型観光バス「エアロエース」エレベーター付きバスを全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門から販売を開始します。

2018-09-12japan

岩手三菱ふそう自動車販売株式会社 盛岡南支店を移転、新設

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)の特約販売会社である岩手三菱ふそう自動車販売株式会社(本社:岩手県滝沢市、代表取締役社長:今野 継男、以下 岩手ふそう)は、盛岡南支店を移転、新設し9月18日(火)より営業を開始します。

2018-09-11japan

タイ市場向け中・大型トラックの組立工場を新設

総額1200万ユーロ(4億5000万タイバーツ)を投じ、タイで新たな現地組立工場の建設を発表

2018-07-10international

量産電気小型トラック「eCanter」を リスボン市当局へ納入

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、7月6日にポルトガル政府代表者と海外高官が出席した譲渡式において、リスボン市当局に10台の電気小型トラック「eCanter」を納入しました。

2018-06-20japan

「Asian Legal Business Japan Law Awards 2018」を受賞

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、6月13日に都内で開催された「Asian Legal Business (ALB) Japan Law Awards 2018」(Asian Legal Business主催)の「製造及び小売業界のインハウスチーム」部門で優秀賞を獲得しました。

2018-05-09international

マレーシアで ハップセン・トラックス・ディストリビューション社と

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、マレーシアの現地販売代理店契約を現代理店であるメルセデス・ベンツ・マレーシア(以下、MBM社)に代えて、ハップセン・トラックス・ディストリビューション社 (本社:プッチョン、以下、HSTD社)を認定したことを発表しました。 

2018-04-02japan

役 員 人 事

三菱ふそうトラック・バス株式会社は、定時株主総会及び取締役会の承認を受けて、以下の通り 役員人事を決定しました。

2018-01-23japan

三菱ふそう 高速道路での後続有人隊列走行実証実験に参加

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、 以下 MFTBC)は、1月23日より新東名高速道路の浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリア間 にてトラックの後続有人隊列走行実験を開始します。

2017-12-14international

世界初の量産電気小型トラック「eCanter」を 欧州へ初投入

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、 以下 MFTBC)は、14 日ベルリン市において、電気小型トラック「eCanter」を欧州市場のお客様へ納車しま した。著名なグローバル企業である、DHL 社、DB シェンカー社、レーノス社とダクサ社が欧州で初めての お客様となります。特に都市内配送業において、「eCanter」は地球に優しい輸送ビジネスをサポートしま す。

2017-09-15international

ダイムラー・トラック部門、StoreDot社に投資

ダイムラー・トラック部門は、StoreDot社(本社:イスラエル)に投資することを発表しました。ダイムラーからStoreDot社に取締役を派遣します。2012年に設立されたStoreDot社はイスラエルのテルアビブに本拠地を置き、ナノテクノロジーの先駆的企業であり、充電とエネルギー貯蔵物質を扱うリーディングカンパニーのひとつです。

2017-08-30international

大型トラック新型「スーパーグレート」を香港で発表

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下 MFTBC)は、21年ぶりにフルモデルチェンジを行った新型大型トラック「スーパーグレート」を香港で発表しました。日本国内では5月から販売を開始しており、初めての海外展開となります。

2017-07-28international

電気トラック「eCanter」 ポルトガルで生産開始

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下 MFTBC)は、生産拠点の一つであるポルトガルの三菱ふそうトラック・ヨーロッパ(以下 MFTE)トラマガル工場にて、電気小型トラック「eCanter」を生産開始したことを発表しました。同工場で生産する「eCanter」は北米と欧州へ輸出します。

2017-05-23international

FUSO、カタールで高出力の超大型トラックを発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(以下MFTBC)は、ダイムラー・トラック・アジア(DTA)傘下のDaimler India Commercial Vehicles Pvt. Ltd.(DICV)と協力し、高出力の超大型トラック「TP」を世界に先駆け中東のカタールで販売しました。

2017-05-11international

南アフリカ市場に新たにふそうブランド車両を展開 中型トラックFAを導入

MFTBCは2002年以来、大・中・小型トラックを南アに投入しており、2002年からはダイムラーAGの100%子会社であるMercedes-Benz South Africa Limited(以下、MBSA)が販売を担当しています。

2017-05-10international

川崎工場に日本初の電気トラック用急速充電設備を開設

l電気トラック「eCanter」の発表に向け、充電インフラを川崎工場に2か所整備 同時に合計8台のトラックの急速充電が可能

2017-03-16international

FUSO、インドネシアで「キャンター」販売台数100万台を達成

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下 MFTBC)は、インドネシアでは「コルトディーゼル」として販売するFUSOの小型トラック「キャンター」が、1975年の発売以来、累積販売台数100万台を到達しました。

2017-03-07international

三菱ふそう、ウガンダでのインフラプロジェクト向けに建設車両を大口納入

三菱ふそうは急成長する新興国の発展に貢献するため、こうしたビジネスの活動を拡大

2019-11-28india

郡山支店をリニューアルオープン

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック)は福島県内最大の入庫数を持つ郡山支店を大幅改装し、11月27日(水)より営業を開始しました。

2021-04-20japan

春日部支店の移転を決定

国道4号線と16号線が交わる首都圏物流の要衝の拠点を移転、お客様の利便性を向上

2021-04-15japan

大型路線バスにおける新型コロナウイルス対策: 雨天時の車内換気を促進するウィンドバイザー装着を推進中

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、大型路線バスにおける新型コロナウイルス対策として開発した「ウィンドバイザー」装着を提案しており、これまでの販売が6,000セット以上に到達したことを発表しました。

2021-04-14japan

車両用エンジンが国土交通省の河川排水 ポンプ実証試験に採用

国土交通省「マスプロダクツ型*排水ポンプ技術開発」公募事業の実証試験「車両用エンジン」部門に、ふそうブランドの車両用エンジンが採用

2021-03-31japan

小型トラック「キャンター」を改良し発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、2021年施行の各種法規に合わせて小型トラック「キャンター」を改良し、発売します。

2021-03-09japan

「東京湾岸ゼロエミッションイノベーション協議会」に参画

「ゼロエミベイ」の趣旨に賛同し会員として参画

2021-03-08japan

電気小型トラック「eCanter」が イケア・ジャパンのサステナブルな輸送で活用

イケア・ジャパンは環境の保護・再生によって人、社会、地球にポジティブな影響をもたらすためにサステナビリティを強力に推進し、サステナブルな輸送への第一歩として排ガスの出ないゼロ・エミッションの「eCanter」を導入しました。

2021-01-28japan

本部長人事

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック)は、以下の通り本部長人事を決定しました。

2020-11-13japan

岡崎サービスセンターをリニューアルオープン

東海エリアの主要販売・サービス拠点を大規模リニューアル

2020-10-19japan

小型トラック「キャンター」新型モデルを発売 世界に先駆けて日本で発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、キャブデザインを一新し、モデルチェンジした小型トラック「キャンター(Canter)」の新型モデルを10月19日に世界に先駆けて国内で発表しました。

2020-08-20japan

先進安全装置を搭載した新型電気小型トラック「eCanter」を発表

新たに各種先進安全装置を標準搭載し、安全性能を強化 より進化した「eCanter」でゼロ・エミッション輸送を加速

2020-07-31japan

創造性をいかに育むか 「Fuso Future Solutions Lab」イベントを開催

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、独自の製品開発プラットフォームを紹介するイベント「Fuso Future Solutions Lab」を7月30日(木)に本社川崎製作所にて開催しました。

2020-06-05japan

新しい生活様式に向けた働き方「モバイル・ワーク」を導入
~柔軟性と自律性をより高めた労働環境を推進~

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、2014 年に当時業界初として導入した「在宅勤務」制度から、新たに内容を拡充し「モバイル・ワーク」制度を6月1日より導入しました。仕事と生活のバランスを更に改善し、コロナ感染のリスクを引き続き最小限に抑えるために柔軟な働き方を推進します。

2020-05-28japan

北米市場の事業形態変更について

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、米国とカナダでの事業状況を再検討した結果、新車販売事業を廃止し、サービスに特化した運営体制に移行します。両国におけるふそうブランドの新車販売は、販売子会社のMitsubishi Fuso Truck of America, Inc.(以下MFTA)が手掛けています。

2020-05-18japan

新型コロナウイルスの世界的大流行と戦うコミュニティーを支援

ハートムット・シック、以下MFTBC)は、新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々、ご遺族の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。また被患されている皆さまに心よりお見舞い申し上げるとともに、感染拡大の影響と戦う方々に心を寄せたいと思います。 –

2020-05-04japan

営業・サービス拠点の営業時間短縮の延長について

この度の新型コロナウィルス感染拡大に伴い、三菱ふそうの地域販売部門である営業・サービス拠点*1の営業時間を従来の8:30-19:00から9:00-17:30へと短縮させて頂いておりますが、政府による緊急事態宣言の延長を受け、期間を5月末までに延長させて頂きます。

2020-05-01japan

当社子会社での新型コロナウィルス感染者発生について

4月30日、当社子会社である三菱ふそうバス製造株式会社(富山県富山市、以下MFBM)に事務職として従事する40代の男性従業員が新型コロナウィルスに感染していることが判明しました。

2020-05-01japan

国内2拠点を大幅改装しリニューアルオープン

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック)は星崎支店(愛知県名古屋市)と北板橋サービスセンター(東京都)を大幅改装し営業を開始しました。

2020-04-21japan

ボルボ・グループとダイムラートラック、燃料電池量産化に向けた合弁事業設立

ダイムラートラックとボルボ・グループは、持続可能な輸送ソリューションに関する構想を共有

2020-04-13japan

全世界のFUSO車両に対する車両保証期間延長について

キューバにおけるふそうトラックの受注としては過去最大

2020-04-01japan

生産工場の稼働状況について

この度の新型コロナウイルス感染拡大による、部品調達への影響により当社一部の工場において生産調整を行います。

2020-03-26japan

2020年代後半までに燃料電池トラックの量産を開始

キューバにおけるふそうトラックの受注としては過去最大

2019-11-25japan

「2019 年度 カスタマーサービスコンテスト」を開催

サービス、部品、新車営業の3 業連携による「ワンチーム」として課題に取り組みお客様 満足度向上を目指す

2019-11-07japan

苫小牧支店をリニューアルオープン

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は苫小牧支店を大幅改装し、11月7日(木)より営業を開始しました。

2019-03-18japan

国内販売拠点改善を目的とした「ミライ」プロジェクトを開始

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、国内販売拠点改良を目的とした「ミライ」プロジェクトを発足、2019年は最大で50億円の投資を行ないます。 

2019-03-18japan

「Campus+(キャンパスプラス)」プロジェクト完了

「Campus+(キャンパスプラス)」プロジェクト完了

2019-03-05japan

名鉄運輸に電気小型トラック「eCanter」を納入

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、3月5日に名鉄運輸株式会社(本社:愛知県名古屋市東区、代表取締役社長:内田 亙、以下 名鉄運輸)へ電気小型トラック「eCanter」5台を納車したことを発表しました。

2019-02-21japan

大型観光バス「エアロクィーン」「エアロエース」 19年型モデルを発表

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、19年型大型観光バス「エアロクィーン」「エアロエース」を発表しました。4月より全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門から販売します。

2019-02-12japan

エスライングループに電気小型トラック「eCanter」を納入

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、2月9日に株式会社エスラインギフ(本社:岐阜県羽島郡岐南町、代表取締役社長:山口 嘉彦、以下 エスラインギフ)および株式会社エスライン各務原(本社:岐阜県各務原市、代表取締役社長:橋本 公寿、以下 エスライン各務原)へ電気小型トラック「eCanter」5台を納車したことを発表しました。

2019-02-06japan

新たな「トレーニングセンター」を川崎工場に開設

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、 以下 MFTBC)は、商用車業界を未来へと導くというビジョンに沿い、新たに川崎工場敷地内にトレーニングセンターを新設しました。これにより、全国計5カ所のトレーニングセンター網が発足します。

2019-02-04japan

太平興業株式会社、鶴岡支店をリニューアルオープン

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)の特約販売会社である太平興業株式会社(本社:千代田区、代表取締役社長:武藤 幸規、以下 太平興業)は、鶴岡支店をリニューアルし2月12日(火)より新店舗での営業を開始します。

2019-01-15japan

川崎工場にガスエンジンコージェネレーションシステムを導入

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、川崎工場にガスエンジンコージェネレーションシステム*を導入し、運用を開始したことを発表しました。

2018-12-04japan

CACC及びLKA技術を活用した
トラック隊列走行の後続車有人システム実証実験に参加

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、12月4日より新東名高速道路の浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリア間でのトラック隊列走行の後続車有人システム実証実験に参加します。

2018-11-22japan

フィリピンでFUSOの販売代理店契約を双日ふそうフィリピンと締結

フィリピン国内でのFUSOブランドの販売代理店として双日ふそうフィリピンを指定

2018-10-25japan

小型バス「ローザ」2018年モデルを発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、小型バス「ローザ」2018年モデルを全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門から販売します。

2018-09-27japan

大型観光バス「エアロエース」エレベーター付きバスを発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は今秋より大型観光バス「エアロエース」エレベーター付きバスを全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門から販売を開始します。

2018-09-12japan

岩手三菱ふそう自動車販売株式会社 盛岡南支店を移転、新設

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)の特約販売会社である岩手三菱ふそう自動車販売株式会社(本社:岩手県滝沢市、代表取締役社長:今野 継男、以下 岩手ふそう)は、盛岡南支店を移転、新設し9月18日(火)より営業を開始します。

2018-09-11japan

タイ市場向け中・大型トラックの組立工場を新設

総額1200万ユーロ(4億5000万タイバーツ)を投じ、タイで新たな現地組立工場の建設を発表

2018-06-20japan

「Asian Legal Business Japan Law Awards 2018」を受賞

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、6月13日に都内で開催された「Asian Legal Business (ALB) Japan Law Awards 2018」(Asian Legal Business主催)の「製造及び小売業界のインハウスチーム」部門で優秀賞を獲得しました。

2018-04-02japan

役 員 人 事

三菱ふそうトラック・バス株式会社は、定時株主総会及び取締役会の承認を受けて、以下の通り 役員人事を決定しました。

2018-01-23japan

三菱ふそう 高速道路での後続有人隊列走行実証実験に参加

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、 以下 MFTBC)は、1月23日より新東名高速道路の浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリア間 にてトラックの後続有人隊列走行実験を開始します。

2021-04-14international

今日と明日のふそう車を形づくる 「デザイン・エッセンシャルズ」を開催

三菱ふそうトラック・バス株式会社は、現在と未来の社会的ニーズを満たす製品のため、各デザインプロセスを通じた、より明確なアイデンティティとシンプルさ、確かな品質の追求について紹介するイベント「デザイン・エッセンシャルズ」を、2021年4月14日に川崎市の本社で開催しました。製品デザインは、乗用車の生産と販売では認知されていますが、商用車においては、その意義は長く見落とされてきました。

2021-03-23international

中型トラック「ファイター」新型モデルを発売

衝突被害軽減ブレーキ「ABA5」を「ファイター」に新規標準搭載し、より高度な安全輸送を実現

2021-03-05international

交通のゼロ・エミッション化を推進するニュージーランドで、 市場投入を控えた 電気小型トラック「 eCanter 」が助成対象に選定

ニュージーランドにて、エネルギー効率・保全局の低排出ガス車両競合ファンドの助 成金を受給

2021-03-03international

2020年、海外の主要市場でシェアを拡大 ~インドネシアと台湾でトップシェアを継続~

小型トラックに支えられ、インドネシアと台湾市場でトップシェアを達成

2021-02-25international

社員教育のデジタル化を推進 ~新型コロナウイルス感染症拡大に対応~

新型コロナウイルス感染症拡大に対応し、社員教育のデジタル化を促進

2021-02-19international

電気小型トラック「eCanter」: 納車台数がグローバルで200台に到達

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、量産型電気小型トラック「eCanter」の納車がグローバルで200台以上に到達したことを発表しました。

2020-12-23international

小型トラック「キャンター」の新型投入でUAEでの販売を強化

UAE市場で初めて欧州排出ガス規制「ユーロV」に準拠する小型トラックを発表

2020-12-07international

「水素バリューチェーン推進協議会」に参画

「水素バリューチェーン推進協議会」の趣旨に賛同し会員として参画

2020-11-24international

国際建機見本市「bauma CHINA」に出展

中国のノンロード規制に準拠する産業エンジンを展示

2020-11-18international

新しいデジタル技術を品質管理プロセスに導入 ~コグニティブ検索採用により品質管理プロセスを図る~

自然言語処理技術と機械学習を活用し、より効率的で正確な品質管理業務を実現

2020-11-05international

小型バス「ローザ」新型モデルを海外初導入 ~オーストラリア市場に展開~

フルモデルチェンジで装備、デザイン、燃費経済性が大きく進化

2020-10-15international

小型トラック「キャンター」新型モデルを発売 世界に先駆けて日本で発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、キャブデザインを一新し、モデルチェンジした小型トラック「キャンター(Canter)」の新型モデルを10月19日に世界に先駆けて国内で発表しました。新型キャンターは、全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門にて11月より順次販売を開始します。 –

2020-09-21international

初の輸出仕様バスを発売開始

ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社のオラガダム工場で製造する輸出仕様バス「BA」の発売を本格的に開始

2020-01-28international

「トラックコネクト」、バーラト・ベンツに初搭載

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、ダイムラー・トラック・アジア(DTA)傘下のパートナーであるダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)が、「バーラト・ベンツ」ブランドの新型車両にコネクティビティ機能

2019-12-25international

台湾で2万台の納車を突破

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、現地合弁販売会社であるダイムラー・トラック・アジア台湾(DTAT)を通じて台湾で2万台目となるふそうトラックを納車したことを発表します。

2019-11-22international

バングラデシュ市場の販売・サービス拠点新設と 新商品投入により事業強化を図る

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、バングラデシュで営業、整備、補用備品業務を備えた 3S(セールス、サービス、スペアパーツ)新施設の開設を発表しました。

2018-07-10international

量産電気小型トラック「eCanter」を リスボン市当局へ納入

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、7月6日にポルトガル政府代表者と海外高官が出席した譲渡式において、リスボン市当局に10台の電気小型トラック「eCanter」を納入しました。

2018-05-09international

マレーシアで ハップセン・トラックス・ディストリビューション社と

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役・CEO:ハートムット・シック、以下MFTBC)は、マレーシアの現地販売代理店契約を現代理店であるメルセデス・ベンツ・マレーシア(以下、MBM社)に代えて、ハップセン・トラックス・ディストリビューション社 (本社:プッチョン、以下、HSTD社)を認定したことを発表しました。 

2017-12-14international

世界初の量産電気小型トラック「eCanter」を 欧州へ初投入

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、 以下 MFTBC)は、14 日ベルリン市において、電気小型トラック「eCanter」を欧州市場のお客様へ納車しま した。著名なグローバル企業である、DHL 社、DB シェンカー社、レーノス社とダクサ社が欧州で初めての お客様となります。特に都市内配送業において、「eCanter」は地球に優しい輸送ビジネスをサポートしま す。

2017-09-15international

ダイムラー・トラック部門、StoreDot社に投資

ダイムラー・トラック部門は、StoreDot社(本社:イスラエル)に投資することを発表しました。ダイムラーからStoreDot社に取締役を派遣します。2012年に設立されたStoreDot社はイスラエルのテルアビブに本拠地を置き、ナノテクノロジーの先駆的企業であり、充電とエネルギー貯蔵物質を扱うリーディングカンパニーのひとつです。

2017-08-30international

大型トラック新型「スーパーグレート」を香港で発表

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下 MFTBC)は、21年ぶりにフルモデルチェンジを行った新型大型トラック「スーパーグレート」を香港で発表しました。日本国内では5月から販売を開始しており、初めての海外展開となります。

2017-07-28international

電気トラック「eCanter」 ポルトガルで生産開始

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下 MFTBC)は、生産拠点の一つであるポルトガルの三菱ふそうトラック・ヨーロッパ(以下 MFTE)トラマガル工場にて、電気小型トラック「eCanter」を生産開始したことを発表しました。同工場で生産する「eCanter」は北米と欧州へ輸出します。

2017-05-23international

FUSO、カタールで高出力の超大型トラックを発売

三菱ふそうトラック・バス株式会社(以下MFTBC)は、ダイムラー・トラック・アジア(DTA)傘下のDaimler India Commercial Vehicles Pvt. Ltd.(DICV)と協力し、高出力の超大型トラック「TP」を世界に先駆け中東のカタールで販売しました。

2017-05-11international

南アフリカ市場に新たにふそうブランド車両を展開 中型トラックFAを導入

MFTBCは2002年以来、大・中・小型トラックを南アに投入しており、2002年からはダイムラーAGの100%子会社であるMercedes-Benz South Africa Limited(以下、MBSA)が販売を担当しています。

2017-05-10international

川崎工場に日本初の電気トラック用急速充電設備を開設

l電気トラック「eCanter」の発表に向け、充電インフラを川崎工場に2か所整備 同時に合計8台のトラックの急速充電が可能

2017-03-16international

FUSO、インドネシアで「キャンター」販売台数100万台を達成

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下 MFTBC)は、インドネシアでは「コルトディーゼル」として販売するFUSOの小型トラック「キャンター」が、1975年の発売以来、累積販売台数100万台を到達しました。

2017-03-07international

三菱ふそう、ウガンダでのインフラプロジェクト向けに建設車両を大口納入

三菱ふそうは急成長する新興国の発展に貢献するため、こうしたビジネスの活動を拡大